もらって嬉しいセレブな花、胡蝶蘭のラッピングまとめ

お祝いごとのとき、送ってとても喜ばれるお花が胡蝶蘭です。

胡蝶蘭を送るとき、またもらったときのラッピングはどうすれば良いのか詳しくまとめてみました。贈り物のシーンの参考にしてみてくださいね。

胡蝶蘭を送るとき「シーンを考える」

胡蝶蘭のラッピングで大切なことは、どんな人に向けてどんなシーンで送るのかということ。たとえば結婚式の席に送る場合と、お葬式や法事の席に送る場合とでは、選ぶべきラッピングのカラーも変わってきます。

「私はピンクが好きだから…」と不祝儀の席に明るい色合いの包みを送ってしまうと、受け取る相手は戸惑ってしまいます。自分目線で考えるのではなく、送る人との関係やシーン・自分の立場を考えて選ぶことが大切です。

・お祝い事の席では、ゴールドや赤がおすすめ

結婚式や選挙のお祝いで胡蝶蘭を送るとき、ラッピングの包み紙やリボンは、できるだけ明るいカラーを選ぶことがおすすめです。白い胡蝶蘭がキレイに栄えるのは、ゴールドやピンク・赤など。「少し派手かな?」と思うくらいのビビッドなカラーを選ぶことで、よりゴージャスな雰囲気を演出できます。

・お葬式や法事の席では、シックな色味がおすすめ

逆にお葬式や法要などの席では、暗めの落ち着いた色合いがおすすめです。ダークで影のある色味を選ぶことによって「哀しみの気持ち」をあらわすことができます。「少し地味すぎるかな」と思われる色の方が、このような席にはしっくりきます。

お店の人に、遠慮なくリクエストしてみよう

胡蝶蘭を購入するとき「どのような色合いにまとめますか?」とお店の方から聞かれることがあります。よく分からないのに、適当な答えを言ってしまうと、かえって送られた相手に迷惑な思いをさせてしまうことも…。

どのようなお相手で、どんなケースに送りたいのか、こちらの要望をスタッフの方に伝えることによって「もっとも適したラッピング」に調節してくれることがあります。場数を踏んでいるお花屋さんこそ、TPOにひと一倍詳しい世慣れ人。どのようなラッピングを選んで良いやら分からない場合は、素直に聞いてみることがおすすめです。

こんなシーンには、こんなラッピングを

結婚式やお葬式以外にも「胡蝶蘭を送りたいとき」はままあるものです。パターンとおすすめのラッピングカラーをまとめてみました。

・おじいちゃんの長寿のお祝い

敬老の日や長寿のお祝いには、紫色のラッピングがステキです。お年を召した方にとって、シックな紫の色は高貴な色として親しまれているからです。男女どちらにも使うことができ、とても気が利いたカラーリングです。

・大学や高校の合格祝い

親せきや知人のお子さんが、難関校に見事にパスしたとき、親御さん宛てに胡蝶蘭を送ってあげましょう。若さを生かしたカラーリングを考えるのなら、水色やブルーのラッピングがおすすめ。爽やかで知的な贈り物になります。

・母の日のお祝い

毎年カーネーションを送るのは気が引ける…そんなときには、いつもより奮発した胡蝶蘭の花鉢を。母の日のお祝いごとやご両親の誕生日には、ピンクや赤のラッピングが可愛くておすすめです。柔らかみのある丸いカラーに心が癒されます。

・社長就任のパーティ

おめでたい席には、ゴールドや白色などの華やかなラッピングを選んでみましょう。お金や富をあらわす金色は、ビジネスの世界でも喜ばれる色。華やかな席にゴージャスなかけらを送ることができます。

胡蝶蘭を送られたときの、ラッピングの処理法は?

つづいて、胡蝶蘭を送られたときに知っておきたいラッピングの処理法についてご紹介します。

・ビニールは外しておく

胡蝶蘭の鉢にはビニールと和製の紙が、包まれていることが多くなっています。見た目はとてもかわいいため「このまま残しておきたい」と思ってしまうのですが、生き物でもあるお花を少しでも日持ちさせるためには「早めに外しておくこと」が重要になります。

花鉢は鉢の下から、常に呼吸をしています。ところが重たいラッピングをいつまでも載せていると、うまく息をすることができず根腐れやムレのもとになってしまいます。こうした悪環境を断ち切るためにも、ラッピングは軽くしてあげることが大切。紙の下には通気性の悪いビニールが敷かれていることが多いため、せめてビニール製の包みだけでも外しておいてあげましょう。

・乾いたら、お水をたっぷり

胡蝶蘭は毎日水をあげなくても、元気に育つお花です。そのためあまり神経質に水やりばかりしていると、花の調子が悪くなることもあります。土の様子を見て乾いてきたかな?と思ったら、受け皿に水が流れ出るくらいたっぷり水を与えてあげましょう。受け皿に残った水をそのままに残しておくと、根にとってあまり良くない環境になります。受け皿の水は小まめに捨てて、胡蝶蘭と会話しながら水やりをおこなうように心がけると、数カ月経っても美しい花を楽しめるようになります。